スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショップを見る

Tシャツをパネルにできるか?

先日、Tシャツをファブリックパネルにできるかとの質問を頂きました

最近、Tシャツにオリジナルプリントもできますし、記念になるTシャツなのだと思います。

リイナでは、Tシャツ特有の気になる点を事前にご理解頂いた上で、製作させて頂いております。
(気になるお値段は、2,000~2,800円。)

Tシャツが少しのびます
ファブリックパネルは、生地を引っ張りながらパネルに張り付けて製作するため、柔軟性の高いTシャツだと、10~20%拡大した仕上がりになります。この点はさほど、心配されなくても大丈夫です。気持ち、着ていた時よりも大きいかな?という程度です。

画像の印刷種類によって
Tシャツを引っ張りながら張り付けるため、画像が引っ張られ、幾分、亀裂が入りやすくなる可能性があります。
ですが、一般的にTシャツの画像は最近は印刷技術も進んで、画像そのものが柔軟性にとんだものとなっており、そこまで心配するものでもなくなってきています。
インクジェットで印刷されたものはまず心配いりません。
あえて言うのであれば、安値Tシャツは、値段が安いインクを使っている可能性があるので、気をつけたほうが良いかもしれません。

一度、引っ張ってみてください。Tシャツと一緒になって伸びる生地は、まず、大丈夫だと思います。

画像回りの余裕について
通常、ファブリックパネルに仕上げる際に、パネルの大きさプラス、縦横各6cm余分に生地を頂いております。
パネルのウラ側に回し込み固定するためです。
Tシャツの場合、この部分に縫い目が入る場合があります。
もちろん、入らないようにパネルの大きさの提案をおこなっておりますが、入る場合であっても、それはTシャツならではと受け止めて頂ければ仕上げさせて頂きます。
その場合、縫い目部分が少しごわつきますが、ご了承をお願いしています。

以上、3点この点をご了解頂ければ、製作させて頂きます
思い出の一着、タンスから出して、部屋に飾ってみてはいかがでしょうか

↓押していただけると励みになります。
↓よろしくお願いします
スポンサーサイト
ショップを見る

コメントの投稿

非公開コメント

ショップを見る
sidetitleプロフィールsidetitle

アンジェ

Author:アンジェ
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。